安立計器

安立計器株式会社・沿革

 
 
沿革
1916年(大正15年)
東京都港区麻布富士見町39番地・共立電気株式会社(有線通信機、電話機、交換機製造)において電気計器の製造に着手し、逓信省、陸軍省、鉄道省の指定工場となる。
1931年(昭和6年)
株式会社安中電気製作所(無線機製造)と合併し上記において安立電気株式会社と名称変更し事業を拡張した。
1949年(昭和24年)
同年9月9日、計器製造部門の分離発展をはかるため取締役 吉田工場長(元計器部長)仙北屋常治を代表として計器製造部門の技術生産設備および従業員を継承し、東京都目黒区東町48番地に安立計器株式会社を設立し通信機用電気計測器・測定機用電気計器の製造を開始。
1950年(昭和25年)
温度測定器(表面温度計HP-9、温度計用検出端A型)を開発し販売を開始。
1952年(昭和27年)
事業拡張のため資本金を800万に増資し東京都目黒区下目黒2丁目4番5号に本社および工場を新築移転。
1955年(昭和30年)
指示計器のJIS表示認可工場となる。
1963年(昭和38年)
画期的な表面温度測定法の発明に成功し、表面温度検出端US型の販売を開始
---US型センサ
1966年(昭和41年)
アメリカ・フランス・ドイツ・中国・台湾・韓国その他諸外国に輸出を開始。
1973年(昭和48年)
代表取締役社長に武田彰一が就任。
1974年(昭和49年)
関西(大阪)・中部(名古屋)・九州(福岡)に営業所を開設。
品川工場(温度測定器製造部門)を設置。
1975年(昭和50年)
画期的なハンディタイプデジタル表面温度計HD-500を開発し販売を開始。
---HD-500デジタル温度計
1976年(昭和51年)
東京地区の販売強化のため安立計器東京販売株式会社を設立。
1978年(昭和53年)
事業拡張のため本社ビルを新築落成。(品川工場を合体)
1979年(昭和54年)
北陸地区販売強化のため安立計器北陸販売株式会社を設立。
事業拡張のため資本金を2,400万円に増資。中部地区販売強化のため安立計器中部販売株式会社を設立。
1982年(昭和57年)
施設拡張のため本社別館ビル新築落成。
---本社ビル
1984年(昭和59年)
サービス体制強化のため安立計器サービス株式会社を設立。
1985年(昭和60年)
事業拡張のため資本金を7,200万円に増資
メモリを内蔵した6チャンネルの温度を記録できるハンディタイプ温度計データコレクタ(AM-7000シリーズ)を開発し販売を開始。
生産部門拡張のため山梨県北巨摩郡高根町に山梨工場を設置。
---山梨工場
1986年(昭和61年)
表面温度校正器ACS-Iシステムを開発し販売を開始。
1987年(昭和62年)
近畿地区再整備のため安立計器大阪販売株式会社を設立。
蛍光式光ファイバーの特性を応用した測定機器の企業である米国LUXTRON CORPORATIONと技術提携。
1988年(昭和63年)
プリンタを内蔵したハンディタイプデジタル温度計AP-200シリーズを開発し販売を開始。
新方式の接触構造と新素材を採用した高性能表面温度センサS形シリーズを開発し販売を開始。
1989年(平成元年)
北米地区の戦略拠点としてANRITSU METER COMPANY OF AMERICAをニュージャージー州に設立。
過酷な電磁環境下でも測定可能な蛍光式光ファイバー温度計(AMOTHシリーズ)を開発し販売を開始。
---AMOTH FX-8000
1990年(平成2年)
代表取締役会長に武田彰一が就任し、代表取締役社長に仙北屋正恒が就任。
1991年(平成3年)
N形センサシリーズの開発に成功。
汎用形表面温度センサをフルモデルチェンジし、販売を開始。
1992年(平成4年)
非接触温度計開発で著名な、米国MIKRON INSTRUMENT CO.,INCと技術提携。
高次元のトレサビリティーを構築できる表面温度・内部温度校正システムACSIIシリーズを開発し販売を開始。
1995年(平成7年)
接触・非接触の温度計を複合し,精度の高い非接触温度測定を可能にしたまったく新しい概念の温度計、デュアルサーモ(ARシリーズ)を開発し販売を開始。
---AR-1500
1998年(平成10年)
ISO 9001の認証を取得。
北米における事業拡大のためMIKRON INSTRUMENT CO.,INCを総代理店として一本化。
1999年(平成11年)
創立50周年を迎える
2000年(平成12年)
小型化した蛍光式光ファイバー温度計FL-2000を開発し販売を開始。
---FL-2000
2004年(平成16年)
多チャンネル(6ch,12ch)の温度を記録できる、コンパクトサーモロガーAM-8000シリーズを開発し、販売を開始。
2007年(平成19年)
JCSS(計量法校正事業者登録制度)の認定を受けた。
2008年(平成20年)
ISO 14001の認証を取得。
2010年(平成22年)
蛍光式光ファイバー温度計の4chモデル、FL-2400を開発し販売を開始。
---FL-2400
2011年(平成23年)
北中米におけるさらなる事業発展のため Shinyei Corporation of America と代理店契約を締結。
2014年(平成26年)
従来モデル(静止表面用温度センサ N形シリーズ)の1.5倍の耐久性を持つ静止表面用温度センサ A形シリーズを開発し販売を開始。
---A形センサ