はじめてご購入の方へ

弊社製品をはじめてご購入される場合、一番汎用性のある熱電対温度計をお勧めいたします。
測定するにはセンサ計測機本体両方が必要になりますので、下記の選定ガイドをご参照下さい。

センサ選定ガイド
 1.基本的にセンサは用途ごとに選定してください。
  →用途例で探す
 2.センサと計測機本体で熱電対種を合わせて下さい。
  →Q4 熱電対のEタイプとKタイプの違いはなんですか?
 3.センサはサイズ、パイプ長、コード長、プラグ形状等をカスタマイズ可能です。
  (センサごとに代表的なカスタマイズ例も載せていますのでご利用ください)
 4.計測機本体に合わせたプラグ形状をご選定ください。
  →Q46 計測器本体とプラグの組み合わせはどのように選べばいいですか?


計測器本体選定ガイド
 1.必要な機能等から選定して下さい。
 2.センサと熱電対種を合わせて下さい。
  →Q4 熱電対のEタイプとKタイプの違いはなんですか?
 3.計測機本体ごとに接続可能なプラグ形状が異なります。
  →Q46 計測器本体とプラグの組み合わせはどのように選べばいいですか?


また、一部の用途では熱電対温度計よりも最適な製品がございます。
その際は下記のQから適した製品をご選定下さい。

Q.
さらに高精度に測定を行いたい場合は?
A.
複雑な設定がなく高分解能で測定できる高精度温度計シリーズをお勧めいたします。
高精度温度計シリーズには下記2種類がございます、必要な測定精度に応じてご選定下さい。

・高精度熱電対温度計
分解能0.1℃
精度±0.5℃
一般校正付
下記の通りにセンサ計測器本体の両方をご選定下さい。
定価:93,500円~(セット)
  センサ選定ガイド
   1.センサは長さ等をカスタマイズ可能です。
   (センサごとに代表的なカスタマイズ例も載せていますのでご利用下さい)
   2.用途によって種類が分かれていますのでご選定下さい。
  本体選定ガイド
   1.必要な機能等から選定して下さい。
 

・白金測温抵抗体温度計APT
分解能0.001℃
精度±0.05℃
JCSS校正付
定価:295,000円


 
Q.
高周波・マイクロ波、高電圧下で計測を行いたい場合は?
A.

電気式温度計では計測困難な環境下にも対応した蛍光式光ファイバー温度計
お勧めいたします。
センサ及び本体をご選定下さい。

センサ選定ガイド
 1.センサはコード長がカスタマイズ可能です。
 2.用途や使用温度帯によって種類が分かれていますのでご選定下さい。


本体選定ガイド
 1.入力点数1chか4chでご選定可能です。
 

Q.
非接触で計測を行いたい場合は?
A.
直接接触せずに計測ができる放射温度計をお勧めしています。
測定物の放射率に対応した設定が重要になりますので、下記リンクをご参照の上ご希望の設置方法に応じてご選定下さい。
 →Q18 放射温度計で測定しやすい材料はどういったものがありますか?